親父との思い出 8

こんにちは!AtoZPhotoカメラマン太田です

 

昨日は親父の月命日でした。

なんだかんだで1月経ちました

 

ひと月前の夜中1時ころ 病院から電話があり

血圧の低下 呼吸が弱くなってますのですぐに来てください

 

あ~とうとうこういう時が来たのか、、、、という感じでした

 

病院に着くと 酸素マスク、点滴をされてる親父の姿

 

血圧は少し落ち着いてました。話すことはもうできませんでした

 

呼吸は浅く 回数は少なめ

 

私たち夫婦、兄夫婦、母親がかけ付けました

 

テレビのシーンでよくある 泣きじゃくる

手を握っておとうさ~~ん 取り乱すというのは

ありませんでした。

 

兄夫婦は仕事という事で明け方戻り 私の嫁、母親も一旦

 

帰り、昼頃にまた交代しようという事で私だけが残りました

 

何度も何度も看護師さんが来てくださいました

血圧が低く測定することは出来ず 脈は弱い状態が続いてました。

 

看護師さんはナースセンターで脈の状態等を監視してるため

 

様子が変わると飛んできてくれます

 

頻繁に来るようになったので そろそろヤバいのかな?

 

という事は気づきました。

 

嫁と母親が変える時 「また昼からくるでな」という言葉を

 

かけて帰りました。昼頃にはかなり呼吸の浅い状態になりました。

 

意識はありませんでしたが、私は親父との思い出を思い浮かべながら

 

ありがとうと言ってました。交代の時間になり嫁と母親がきました

 

「寝てないやろ? いったん帰って寝ておいで」と言われましたが

 

たぶん長くはないんだろなと そのまま残りました。

 

親父は、しばらくして息を引き取りました。

 

母が戻ってくるまで頑張ったのだと思います

 

MM

 

 

AtoZ Photo 鈴鹿で22年

~経営理念~
あなたとあなたの家族が幸せを感じる愛のある写真を提供し、

心豊かな社会作りに貢献する事!

あなたのプロフィール撮影からチラシ作りまでをサポートします

http://suzuka-atozphoto.com/blog/?page_id=4925

http://ceo-story.com/ohtatsutomu/

↑↑↑情報のクラウドファンディング「社長物語」あなたのファンが増える社長物語

株式会社 社長物語  代表取締役 都築 卓 にインタビューして頂きました

その様子を記事にしてもらってます。ぜひ、お読みください

AtoZ Photoは、
土日,祝日も撮影可能  完全予約制 

お問合せ・オーダーフォーム/住所・連絡先/ホームページ

お急ぎの方はカメラマン太田まで お電話ください
携帯0120-960-803

カテゴリー: ありがとう歴史 パーマリンク